A Response to COVID-19 From OWC Founder and CEO, Larry O'Connor

よくある質問 - FAQ

macOS Catalina(10.15)にSoftRAIDをインストールするにはどうすればいいですか?

macOS Catalina(10.15)は、SoftRAIDドライバーをインストールするには、T2チップ搭載のMacでセキュアブート機能を無効にする必要があります。次の手順には、MacにT2チップがあるかどうかを確認する方法と、ある場合はセキュアブートを無効にする方法が含まれています。

 

MacにT2チップがあるかどうかを確認します

下記のMacコンピュータには、AppleT2セキュリティチップが搭載されています。

  • iMac Pro
  • Mac Pro(2019年発売モデル)
  • Mac mini(2018年発売モデル)
  • MacBook Air(2018年以降に発売されたモデル)
  • MacBook Pro(2018年以降に発売されたモデル)

 

システム情報」で、Macにこのチップが搭載しているかどうかを確認できます。

  1. 「option」キーを押しながら Apple メニュー>「システム情報」の順に選択します。
    softraid t2 01
  2. サイドバーで「「コントローラ」または「iBridge」のいずれかを選択します。
  • 右側に「Apple T2 チップ」と表示されている場合は、「セキュアブートの無効化」セクションに進んでください。
  • 右側に「Apple T2 チップ」と表示されていない場合は、MacがApple T2チップを搭載していないので、「セキュアブートを無効にする」の指示に従う必要がありません。インストールまたは更新するバージョンを開いて、SoftRAIDをインストールできます。そして、指示に従って、ドライバーをインストールして再起動します。
    softraid t2 02

 

セキュアブートを無効にする

「起動セキュリティユーティリティ」は、AppleT2セキュリティチップを搭載したMacコンピュータでのみ使用できます。

 

  1. Mac の電源を入れた直後、またはMacの再起動が開始された直後、Apple ロゴが表示されたらすぐに「command (⌘) + R」キーを押し続けます。Mac が macOS 復旧から起動します。
  2. macOS ユーティリティのウインドウが表示されたら、メニューバーから「ユーティリティ」>「起動セキュリティユーティリティ」の順に選択します。
    mac safe
  3. 認証を求められたら、「macOS のパスワードを入力してください」をクリックし、管理者アカウントを選択してパスワードを入力します。
  4. 「起動セキュリティユーティリティ」ウィンドウが表示されたら、「安全な起動」オプションの下の「セキュリティーなし」を選択します。
    softraid t2 03
  5. Appleメニューから「再起動」を選択してMacを再起動し、通常のデスクトップが表示されるのを待ちます。
    注:「再起動」を選択した後、ユーザーからのフィードバックはありません。「再起動」を選択した後、コンピュータの再起動には最大60秒かかる場合があります
  6. インストールまたは更新するSoftRAIDアプリケーションのバージョンを開きます。ドライバのインストールを求めるダイアログボックスが表示され、再起動を求めるプロンプトが表示されます。

 

関連するAppleの公式指示

Apple T2セキュリティチップについて:https://support.apple.com/ja-jp/HT208862

「起動セキュリティユーティリティ」について: https://support.apple.com/ja-jp/HT208198